ホーム病院紹介診療案内外来・入院案内医療機関の皆様へアクセスお問合わせ


 トップページ
 院長のあいさつ
 唐津病院の概要
 済生会の概要
 理念・基本方針
 診療案内
 外来診療担当医表
 部署紹介
 外来受付案内
 入院案内
 お見舞いメール
 人間ドック
 広報誌なでしこ通信
 個人情報保護
 関連施設
 交通アクセス
 お問い合わせ
当院の癌の術後成績

  当院で扱う主疾患は悪性腫瘍(主にガン)です。特に食道ガン・胃ガン・大腸ガンといった消化管の悪性腫瘍、肝胆膵の悪性腫瘍に加え、乳ガン、肺ガンをそれぞれ扱う乳腺外科・呼吸器外科にも最近は力を入れ、俗に言う5大癌を網羅して扱っています。なお、昨年度よりガンの治療方針は内科・外科・放射線科など各科医師の総意により決定するキャンサーボード(Cancer board)を発足させました。
 悪性腫瘍の手術では、各々の疾患別に公表されているガイドラインに則って、周囲のリンパ節を含め腫瘍を全て取り除く「根治術」を目指します。残念ながら胆道系・膵臓領域のガンでは、発見時すでに周囲の大血管に噛みついたような腫瘍も多いのも事実です。しかし現在では境界型切除可能例(ボーダーライン)とされ、腫瘍の縮小化が期待出来る術前補助化学療法(抗ガン剤治療)により、大血管への浸潤が減って手術が可能になる例も出てきています。
 勿論「根治優先」の立場で治療を進める中、患者さん一人ひとりの要望を加味した低侵襲手術も多数行っています。例えば乳ガンでは美容面を考慮した乳房温存手術(+見張りリンパ節生検)が殆どですし、食道ガン・胃ガン・大腸ガンにおける腹腔鏡下手術の比率は現在65%超となっています。
 
 下の表に当院での根治術後の治療成績の一部を掲載します。
     
根治術後生存率
疾患
5年生存率 10年生存率
 胃癌
81.8% 78.4%
 結腸・直腸癌
84.5% 79.8%
 肝細胞癌
67.4% 47.9%
 食道癌
60.9%
 膵癌
36.8% 29.0%
 (内 R0:62.4%)
 乳癌
92.0% 88.8%
 肺癌
84.6%
     
副院長兼外科部長 山懸 基維


社会福祉法人 恩賜財団 済生会唐津病院
〒847-0852 佐賀県唐津市元旗町817 TEL.0955-73-3175(代表) FAX.0955-73-5760
Last up date; 2018.4.1 © Saiseikai Karatsu Hospital. All rights reserved.