ホーム病院紹介診療案内外来・入院案内医療機関の皆様へアクセスお問合わせ


 トップページ
 院長のあいさつ
 唐津病院の概要
 済生会の概要
 理念・基本方針
 診療案内
 外来診療担当医表
 部署紹介
 外来受付案内
 入院案内
 お見舞いメール
 人間ドック
 広報誌なでしこ通信
 院内トピックス
 関連施設
 交通アクセス
 お問い合わせ
栄養科

≫当院で臨床研修を行った研修医からのメッセージです
 
臨床研修医【2年目】 研修期間:平成29年6月1日〜30日
 
西田 崇通

 私、済生会福岡総合病院初期研修医2年の西田崇通と申します。地域医療研修として6月の1か月、麻酔科を2週間と外科を2週間回らせていただきました。1か月という短い期間で、唐津に来て1日は慣れない環境に戸惑う日々もありました。しかし、スタッフの方々が優しく接してくださったおかげで、気づくとあっと言う間に1か月が過ぎ、公私ともに充実した研修生活が送れたとこの文章をしこしこ書きながら、しみじみと感じております。
 麻酔科の先生方、オペ看の皆さん、麻酔科ローテート中にご指導いただき、誠にありがとうございました。また外科ローテート中も気さくに話しかけてくださって嬉しかったです。1,2月は済生会福岡総合病院の方で麻酔科を回ります。もし縁がございましたら、またご指導よろしくお願いします。
 外科の先生方、公私ともに面倒を見ていただき誠にありがとうございました。縁あって、気が付いたら外科をローテートしていて、最初は戸惑いました。しかし、先生方に優しくご指導していただき、私なりですが、少し成長できたのではないかなと考えております。外科救急に興味が湧きましたので、今後の人生の参考にしたいと思います。またご縁がありましたら、ご指導よろしくお願いします。
 最後ですが、済生会唐津病院は、院内のスタッフ同士の挨拶が頻繁に交わされていて雰囲気が非常によく、勤務する環境もすばらしいと思いました。また何か縁がございましたら、是非とも舞い戻りたいと思いますので、その時はよろしくお願いします。1か月間と言う短い間ではございましたが、誠にありがとうございました。
 
 
臨床研修医【2年目】 研修期間:平成29年6月1日〜30日
 
木塚 雅之

 佐賀県医療センター好生館初期研修医2年目の木塚雅之と申します。地域医療研修として消化器内科で6月の1ヶ月間、研修させていただきました。
 消化器内科での業務は外来、病棟、内視鏡が主です。私はすべての業務に携わらせていただきましたが、特に内視鏡室を中心に研修をさせていただきました。
 内視鏡室では上部・下部内視鏡による観察、止血などの内視鏡的治療、胃瘻などの造設などを行っています。研修中、内視鏡を実際に操作させていただき、観察や処置を行わせていただきました。内視鏡の操作技術は本で読んでも実際に操作をしてみないと習得は難しいものです。研修の初期は慣れずに苦労しましたが、終了時には幾分か上達することができました。また、内視鏡で観察後は所見の記載を行いました。内視鏡操作や所見の記載の際は上級医の先生方が丁寧にご指導していただき、正確なフィードバックもいただき、そのたびに修正することができました。
 一ヶ月と短い期間ではありましたが、唐津という素晴らしい地域で研修できたことを嬉しく思います。お世話になりました消化器内科の遠藤先生、樋先生、良先生、松永先生をはじめとまして、済生会唐津病院の先生方・スタッフの方に感謝の意を表させていただきます。
 再び唐津で仕事をさせていただける日を心待ちにしながら、今後の研修生活に邁進していく所存です。この度は本当に有難うございます。
 
 
臨床研修医【2年目】 研修期間:平成29年5月1日〜31日
 
野中 崇久

 済生会福岡総合病院研修医2年目の野中崇久です。循環器内科を一ヶ月間研修させていただきました。唐津に来て先ず驚いた事は、済生会唐津病院は地域の急性期医療の基幹病院であると同時に、老人保健施設を附設しており、さらには在宅看護も行っていることです。職員の方々もまるで自らの家族に接するかの様な態度で患者さんに対して看護および介護、リハビリを行っていたのが心に残りました。
 私は、医師になって一年ほどしか経っておらず、福岡病院しか知らない私にとって、「病院のあり方は地域各々のニーズに対応して変化する」ということを再認識する良い機会でした。普段の診療においても徳島部長をはじめ各先生から親切丁寧にご指導していただき、特に手技に関してはカテーテル検査を実際に穿刺からさせていただけるなど多くを学ばせていただきました。 
 また、夜は他科の先生、コメディカルの職員さんと一緒においしい食事に連れて行っていただくなど公私共にとても充実した一ヶ月間を過ごすことが出来ました。
 天候が良い日が続き、病院から見える唐津城や唐津湾がとても綺麗だったことも印象的な思い出です。
 短い期間ではありましたが、唐津病院で学んだことを生かして今後も頑張っていきたいと思っております。本当にありがとうございました。
 
 
臨床研修医【2年目】 研修期間:平成29年4月1日〜30日
 
中村 薫乃

 済生会福岡総合病院の研修医2年目の中村薫乃です。地域医療研修として、外科で1ヶ月間研修をさせて頂きました。
 外科研修では、1ヶ月の間に行われたほとんどの手術に助手として参加させて頂き、術者としては鼠径ヘルニアの患者さんの手術を経験しました。手術以外にも、ERCPやイレウスチューブ、膿瘍ドレナージなどの手技を経験させて頂きました。更に、外来や術前ICに陪席させて頂くことで、患者さんとの接し方や話し方なども学ばせてもらうことが出来ました。外科を回るのは1年目の春以来で、研修中は自分の未熟さと勉強不足を痛感する場面が非常に多かったのですが、周りの先生方やスタッフの皆さんに助けて頂いて実りある研修にできたと思っています。
 業務後には食事に連れて行って頂くことも多く、唐津のお魚、イカなど美味しい物を沢山堪能することが出来ました。また、進路についても相談に乗って頂き、勉強会にも参加することで自分の将来についても考えさせられた1ヶ月でした。
 初めての外病院で右も左もわからないような状態でしたが、沢山の方に助けられ、楽しく1ヶ月を過ごすことが出来ました。外科の先生をはじめ医局の先生方、オペ室、4階の看護師の方々、お世話になった全てのスタッフの皆さんに心から感謝しています。本当にありがとうございました。
 
 

●当院では臨床研修医を募集しています。病院見学を随時行っていますので、お問合せ等ございましたら下記までご連絡ください。
   
済生会唐津病院
〒847−0852 佐賀県唐津市元旗町817
事務部長 樋口 п@0955-73-3175(代表)


社会福祉法人 恩賜財団 済生会唐津病院
〒847-0852 佐賀県唐津市元旗町817 TEL.0955-73-3175(代表) FAX.0955-73-5760
© Saiseikai Karatsu Hospital. All rights reserved.