ホーム病院紹介診療案内外来・入院案内医療機関の皆様へアクセスお問合わせ


 トップページ
 院長のあいさつ
 唐津病院の概要
 済生会の概要
 理念・基本方針
 診療案内
 外来診療担当医表
 部署紹介
 外来受付案内
 入院案内
 お見舞いメール
 人間ドック
 広報誌なでしこ通信
 院内トピックス
 関連施設
 交通アクセス
 お問い合わせ
院長のあいさつ

 
秋篠宮殿下、済生会第6代総裁に

 秋篠宮殿下は、平成25年4月1日付で社会福祉法人恩賜財団済生会の第6代総裁に就任されました。
 済生会は明治天皇が生活困窮者を救済するために明治44年に創設されました。総裁には代々、皇族方を推戴し、初代総裁は伏見宮貞愛親王、第2代は閑院宮載仁親王、第3代は高松宮宣仁親王、第4代は高松宮喜久子妃、第5代はェ仁親王です。ェ仁親王が昨年6月6日、薨去されたことから、総裁は不在となっていました。本会は最も古い恩賜財団としての歴史を踏まえて、秋篠宮殿下にご就任をお願いし、今般、ご承諾いただきました。 本会理事会は、「誠に光栄なこと」として、総意をもって推戴しました。

 
済生会小史
   明治44年2月11日、明治天皇は、時の総理大臣桂太郎を召されて「恵まれない人々のために施薬救療による済生の道を広めるように」との済生勅語に添えて、お手元金150万円を下賜されました。桂総理は、この御下賜金を基金として全国の官民から寄付金を募って、同年5月30日恩賜財団済生会を創立しました。
  以来今日まで105年、社会経済情勢の変化に伴い、存廃の窮地を乗り越えるなど幾多の変遷を経ながらも、本会は創立の精神を引き継いで保健・医療・福祉の充実・発展に必要な諸事業に取り組んできました。
  戦後、昭和26年に公的医療機関の指定、同27年に社会法人の認可を受け、現在、社会福祉法人恩賜財団済生会となっています。
 ≫済生会ホームページ
総  裁 秋篠宮殿下
会  長  有馬朗人
理事長 炭谷 茂
本部=東京 支部=40都道府県
病 院 79 看護師養成施設 8
診療所 18 訪問看護ステーション 52
介護老人保健施設 30 地域包括支援センター 24
救護施設 2 地域生活定着支援センター 4
児童福祉施設 23 その他 8
老人福祉施設 123    
障害者福祉施設 8 合計 379

 さらに巡回診療船「済生丸」が瀬戸内海の65島の診療活動に携わっている。職員数は、全国で約5万9千人。(平成28年4月1日現在)
 私たち済生会人としては、歴史と伝統の中で培った「済生」の心をしっかりと抱きしめ、地域に生きる人たちの命を支え、健やかな体がはぐくまれるよう、これからも力の限り務めを果たしていこうと日々決意を新たにしております。


済生会紋章の由来
 
 初代総裁 伏見宮貞愛親王(ふしみのみやさだなるしんのう)殿下は、創立当時、済生会の事業についてのお心を次のような「撫子の歌」としてお詠みになりました。それにちなんで、いつの世にもその趣旨を忘れないようにと、撫子の花に露をあしらったものが、大正元年(1912)から済生会の紋章となっています。 


社会福祉法人 恩賜財団 済生会唐津病院
〒847-0852 佐賀県唐津市元旗町817 TEL.0955-73-3175(代表) FAX.0955-73-5760
Last up date;2017.4.1 © Saiseikai Karatsu Hospital. All rights reserved.